FF14プレイヤー同士の交流:コミュニティチームに参加してみよう!

FF14コミュニティ大事

FF14にはプレイヤー同士が交流できる2種類のコミュニティチームが複数あります。

このコミュニティチームはプレイヤーの任意で作ることができ、
他のオンラインゲームで言う所の”ギルド”にあたります。

チームに参加することで、いつでもプレイヤー同士で共有のチャットができたり、
チームで共有のハウジング(組織の拠点)を利用できるようになります!

コミュニティチームへの参加は必須ではありませんが、
所属することで冒険に優位になる恩恵を得られたり、
コミュニティチームでしかできない固有コンテンツもあります。

FF14にある2種類のコミュニティチーム!

リンクシェル(LinkShells)

リンクシェルとは、仲良くなった複数のプレイヤー同士が参加できるグループです。
FF14では『LS』と略されて呼ばれることが多いです。

グループに参加することで共有のチャットを利用できる様になり、
特定の状況下以外では”どこでも”LSメンバー同士でのチャットを楽しむことができます。

最大8チームのリンクシェルに所属する事ができます。

具体的にどんなリンクシェルチームがあるの?

FF14には様々なリンクシェルチームが存在します。

高難易度コンテンツを攻略するチーム、クラフター・ギャザラーを極めるチーム、
種族がララフェルだけのチーム、日々の雑談をするチームや、リアルの趣味が○○なチーム、など!

中には初心者支援活動を目的としたLSも存在します。
これからFF14を始める初心者さんは、こういったLSに参加してみるのも手です。

もちろん、LSへの参加・脱退は自由にできます。
ぜひ興味のあるチームがあったら積極的に参加してみましょう!

フリーカンパニー(Free Companies)

フリーカンパニーとは、プレイヤー同士でカンパニー結成契約を交わすことで
作成することができる超大規模なコミュニティチーム組織です。

FF14では『FC、フリカン』と略されて呼ばれることが多いですね!

フリーカンパニーを結成すると、LSと同様メンバーの共有チャットに加えて
チームエンブレムの作成、メンバーのアイテムやギルの管理ができる共有倉庫、
カンパニーメンバー全員にボーナス付与効果などの「カンパニーアクション」が使えるようになります。

さらには、組織の拠点となる「ハウジング」、
FCで飛空艇を作り、未開の地を探索する「雲海探索」などが行えます。

LSに比べてかなりの大規模チームなので”FC規約””チームの決まり”
FCメンバーの権限を分ける”階級”を設ける組織が多いです。

FCに所属するなら、規約やチームの決まりを確認しましょう!

FCは最低でも4人、最大で512人で結成できる大規模なコミュニティチームです。

倉庫やハウジングなどメンバーが共有で利用する物も多いため、
ほとんどのFCではチームの決まり事や規約、階級を設けています。

これは私の友人に起こった実際のできごとなのですが…。
友人はとあるフレンド達同士でFCを設立しました。

レンド達は本当に気の合うメンバーだったので、
とくに規約や決まり事、階級権限を設けませんでした。

ある日、自分たちのFCに入りたいというプレイヤーが現れました。
メンバーが増えることは嬉しいことだ!と友人はそのプレイヤーをチームに引き入れました。

しかし、次の日になるとそのプレイヤーはFCから脱退していました…。

な、なんと!そのプレイヤーに共有倉庫の中身を全部持って逃げられてしまったのです!
みんなで使うはずのアイテムや大事なギルも根こそぎ無くなっていました!

その逃げたプレイヤーは既に別のサーバーへと高飛びしていて、
捕まえるにも捕まえられない状態になっていました。

結局、盗られたアイテムもギルも帰ってきませんでした…!

チームに決まり事を設ける理由は、こういった悪事を働くプレイヤーが居るからなんですね。

決まり事を守れないプレイヤーはトラブルの元です。

トラブルが発生するとせっかく結成したチームを
解散しなければならないという事態にもなりかねません。

オンラインゲームは普通のオフラインのゲームとは違い、
街にいるキャラクターのほとんどが血の通った人間が操作しています。

あなたの何気ない行動やちょっとした言葉が、
相手に迷惑をかけたり、傷つけたりするかも知れません。

必ずチームの決まり事を守り、メンバー同士がより良い関係を築けるようにしましょう!